鞆和会 会則(早鞆高等学校同窓会)
第一章 総   則
第1条 本会は、鞆和会(早鞆高等学校同窓会)と称する。
 
第2条 本会の本部を早鞆高等学校内に置き、必要な地域に支部を置くことが出来る。
 
第3条 本会は、会員相互の親睦を図り、母校の向上発展に資することをもってその目的とする。
 
第4条 本会は、その目的を達するために、次の事業を行う。
1.後援会、研究会の開催
2.会誌の発行。
3.その他本会の目的達成に必要な事業。
 
第5条 本会則において母校と称するものは次のものを言う。
1.下関阿部裁縫女学校
2.下関阿部高等技芸女学校
3.下関阿部女子商業学校
4.早鞆高等女学校
5.早鞆高等女学校併設早鞆中学校
6.早鞆高等学校
第二章 会   員
第6条 本会は、次の会員を以って構成する。
 
1.正会員   母校を卒業したもの。
母校に在学したことのある者で、会員の推薦により幹事会が承認した者。
 
2.特別会員 母校の現・旧職員、功労者、援助者。  
 
第7条 会員は、会費を負担する。
会費の金額は、会員総会で定める。
 
第8条 会員は住所氏名等を変更した場合は、速やかに報告しなければならない。
 
第9条 会員で、本会の会則に違反し、本会会員たる体面を汚す処置のあった者は、幹事会の決議を以って除名することができる。
 
第10条 特別会員は、会費の納入義務は無く議決に加わらない。
第三章 役   員
第11条            本会に、次の役員を置く。
1.会長  1名 幹事会にて決定し定期総会にて報告する。
2.副会長 若干名 選出方法は会長に準ずる。
3.幹事長 1名 上記に準ずる。但し副幹事長若干名置くことができる。
4.代表幹事 1名 毎期卒業生から互選する。
5.幹事 若干名 毎期卒業生から互選する。
6.会計 1名以上 選出方法は会長に準ずる。
7.会計監査 2名 上記に準ずる。
8.顧問 若干名 母校の理事長、校長、その他の役員。
9.相談役 若干名 会長、副会長の経験者から委嘱する。
10.地区幹事   本拠地に限り置くことが出来、副会長を兼ねる.。
11.   都道府県支部長は、本会の副会長を務める。
   
第12条 役員の任期は、2年とする。ただし留任は妨げない。
   
第13条          役員の任務は、次のとおりとする。
1.会長 本会を代表し、会務を処理する。
2.副会長 会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。
3.幹事長 代表幹事会並びに幹事会を組織し、その運営を総括指導する。
4.代表幹事 代表幹事会の会務を行う。
5.幹事 幹事会の会務を行う。
6.会計 本会の会計を行う。
7.会計監査 本会の会計監査を行う。
8.顧問 会長の諮問に応じ、会務総理を補佐する。
9.相談役 代表幹事と同任務を行い、且つ、本会と母校の関係強化に努める。
   
第14条  本会本部に事務局を置き、事務局長、事務局員若干名を置く。
事務局員は、幹事とし、事務局長、事務局員は、会長が委嘱し会務処理にあたる。
   
第四章 会   議
   
第15条      本会は、次の会議を設ける。
1.定時総会 毎年1回、日時を定め招集する。
2.臨時総会 会長が必要と認めたときに招集する。
3.役員会 会務処理のため会長が招集する。
4.幹事会 上記に準ずる。
5. 会長は、本会に於ける全ての会議の議長を務める。
   
第16条 定時総会においては、次のことを行う。
  1.会務報告。
  2.その他、幹事会での決定事項の報告。
   
第17条  本会に於ける最終的な決定決議は、幹事会にて行い、総会に於いて報告する。
   
第五章 会   計
   
第18条 本会の会計は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
   
第19条 本会の経費は、会員の会費及び寄付金その他の収入を以ってこれに充てる。。
   
第20条 会員は、会費を入会の際に納入するものとする。ただし、金額は別に定める。
   
第21条 会費の一部を積立て基金とする。
   
第六章 改   正
   
第22条 本会則は、幹事会の出席者の過半数を了承を以って改正することが出来る。
但し次の定期総会にて報告しなければならない
   
付則 本会則は、平成10年10月4日より施行する。
平成14年9月22日一部改正。
平成15年9月27日一部改正。
平成23年11月20日一部改正。
平成27年10月22日一部改正。
 
基金細則
   
第1条 会則第4条の事業を円滑に遂行し、財務の健全化を図るため基金を設置する。
   
第2条 基金の額は、年度予算に計上して積み立てるものとする。
   
第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金等最も確実な方法により保管するものとする。
   
第4条 基金は事業執行上予算の財源が著しく不足する場合において、当該当不足額を補うための財源を充てるときに限り、幹事会の議決により、これを処分することができる。
   
付則 本細則は、平成10年10月4日より施行する。


同窓会組織図

 

同窓会会員名簿
adobe reader
ファイルはPDF形式となっております。
Adobe Readerをお持ちでない方は、
こちらから無償でダウンロードできます。