MENU

運動部

部活動報告【柔道部】

2019年02月18日

平成31年1月26日(土)、27日(日)にキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターにて行われた『第41回全国高等学校柔道選手権大会山口県大会』の結果を報告させていただきます。

 

男子団体  第2位

  2回戦   対 小野田工業 戦  四人残し(勝)

  準決勝   対   萩   戦  二人残し(勝)

  決 勝   対  高川学園 戦  三人残し(負)

男子個人

  60㎏級  第3位  髙山 恵吾(2-3)

  無差別級  第2位  関谷 竜生(2-2)

 

年が明けての初めての大会でした。本大会は、高校柔道の三大大会(全国大会)の一つでもある『全国高等学校柔道選手権大会』に繋がる大事な大会でもあります。見所は、団体試合が『勝ち抜き』戦になること、個人試合が7階級から5階級(60・66・73・81㎏級・無差別級)になることです。そして団体・個人とも1位のみが全国大会の切符を手にすることができます。決勝戦は yab の夕方のニュースで放送もされます。

初日の団体戦では、前回負けている萩高校を下し、決勝戦進出することができました。決勝では高川学園に破れ、全国大会出場を決めることはできませんでした。

2日目の個人戦でも、2年生の関谷が決勝戦まで勝ち上がるも、延長戦にて反則負けで、全国大会の切符を獲得することはできませんでした。

団体・個人ともあと一歩のところで敗れてしまいました。この『あと一歩』の距離を詰めることの難しさを感じた試合になりましたが、新入生をしっかりと迎えるために、また自分自身のために、来年度に向けて気持ちを引き締め頑張ってもらいたいと思います!また来年の今頃は、本チームの主力の現2年生が引退しているため、現1年生は、先輩が引退していなくなるまでに、しっかりと力をつけ、先輩としての自覚を持っていってほしいです!

平成30年度メダル栄光【陸上競技部】

2019年02月14日

2月13日(水)に山口県庁にて

平成30年度後期メダル栄光の授与式があり、

本校陸上競技部1年生の長岡雅飛くんが出席してきました。

昨年のジュニアオリンピックでの男子A砲丸投げ優勝の紹介をしていただき、

知事から栄誉あるメダルを授与されました。

メダル栄光.jpg

今年のシーズンの更なる活躍が楽しみです。

長岡くん、頑張ってください!

 

部活動報告【卓球部】

2019年01月15日

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

大変遅くなり申し訳ありませんが、2018年12月16日(日)に下関市体育館にて行われた『下関市卓球選手権大会』の結果を報告させていただきます。

 

 

一般の部

  男子シングルス  

    第1位  藤丸 柊太

  男子ダブルス   

    第1位  藤丸 柊太・小路さん(はやぶさクラブ)組

部活動報告【ソフトテニス部】

2019年01月08日

12月24日に下関庭球場にて

ハイスクールジャパンカップソフトテニス2019

下関地区予選会が行われました。

【個人】

原田 拓実 優勝

浅山 将輝 9位

上記2名は見事予選通過となり、上位大会へ進出します。

今後の活躍も期待しています。

部活動報告【柔道部】

2018年11月27日

11月17日(土)、18日(日)に島根県立武道館(松江市)にて行われた

『第19回中国高等学校柔道新人大会』の結果を報告させていただきます。

 

 

 

【男子団体の部】   第5位

 

   予選リーグ   3勝0敗 → 決勝トーナメント進出

     対 鳥取城北(鳥取) -0  勝ち

     対 玉野光南(岡山) -2  勝ち

     対 平  田(島根) -2  勝ち

 

   決勝トーナメント   第5位

     対 鳥取東 (鳥取) 1-3  負け

 

 

10月に行われた山口県予選を3位で通過し、悔しさもある中、本大会に臨みました。

中国大会においては実に3年ぶりとなる予選通過を果たし、決勝トーナメントに上がることができました。決勝トーナメント一回戦は、6月の中国大会でも敗れた『鳥取東高校』との対戦。またしても敗戦となりました。予選リーグ、決勝トーナメントのどちらにしても、『失点』が多くあったことが部全体の課題となりました。厳しい勝負になることが必至の大会で、格上の選手相手でも物怖じせず、向かっていき、失点をなくすことが県内大会でも勝ちに繋がってくるのではないかと思います。12月の吉岡杯、1月の選手権に向けて、チームとしてまた一つ二つと成長してほしいと思います。

まずは中国大会5位おめでとうございます。一人ひとりが持てた課題を忘れずに、更なる精進を期待しています。