MENU

2学年

進路ガイダンス【就職指導部】

2021年03月17日

3月17日(水)に本館1・2年生を対象に進路ガイダンスが開催されました。多くの企業や大学・専門学校が来校され、生徒に向けて説明会を行っていただきました。昨年も企画していたのですが、全国一斉休校により中止となったため、この形態では初の開催となりました。生徒は興味のある企業や学校について事前研究を行い、希望する3つの企業・学校の説明を聞くことができました。

大学・専門学校の説明会については他コースのブログに掲載されると思いますので、企業説明会の様子を紹介します。

企業説明会は体育館で行われ、19社(1社はリモートで実施)が来られました。

企業説明会の様子1IMG_20210317_105216.jpg

IMG_20210317_095737.jpgIMG_20210317_095749.jpg

IMG_20210317_095305.jpgIMG_20210317_095700.jpg

IMG_20210317_095045.jpgIMG_20210317_095720.jpg

それぞれ30分という時間でしたが、生徒は企業の方々からのお話に真剣に聞き入っていました。

今年度は新型コロナウイルスの影響により例年2年生で実施しているインターンシップが中止となるなど、進路関係の行事も少なくなってしまいました。今回のガイダンスへ参加する様子を見て、個々の進路意識の高まりを感じました。これをきっかけに、自分にとって最適な道を見つけて欲しいと思います。

選択授業『器楽』発表会

2021年03月10日

普通科キャリア・アスリートコースには今年度から「器楽」という授業が開設されています。この授業は吹奏楽部員と保育系などへの進学でピアノを必要とする生徒が選択します。

昨日は1年間の集大成として発表会を開催しました。授業担当の大濵勝情公先生(音楽)は、「素敵な演奏に感動しました。」とコメントしていました。初年度ということで2年生のみでしたが、来年度は2年生と3年生の二つの学年が揃いますので、さらに充実したものになると思います。

1615329952987.jpg1615329945124.jpg

1615329949905.jpg1615329973368.jpg

IMG_20210310_102757.jpg

日本ジュニア管打楽器コンクール 全国大会出場決定!!【吹奏楽部】

2021年02月19日

『2021年第23回日本ジュニア管打楽器コンクールソロ部門 フルート』において、本校吹奏楽部の三浦凜さん(2年・菁菁館普通科特別進学コース第II類)が予選を通過し本選考会(全国大会)に出場することになりました。先日の下関市ソロコンテストでの友永賞(最優秀賞)受賞に続く快挙です。
今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため本選考会も音源審査となりますが、さらに演奏に磨きをかけることと思います。応援よろしくお願いいたします。

http://www.jmecps.or.jp/soical6b23

IMG_20210222_170052.jpg

三浦さんが過去に演奏したジョージ・ガーシュウィン作曲(和田 直也 編曲)「サマータイム」を公開しています。休校中の5月に撮影したものです。こちらもご覧ください。

 

吹奏楽部はLINE公式アカウント、Facebookページ、Twitter、Instagramでも情報発信を行っています。

吹奏楽部LINE公式アカウント https://line.me/R/ti/p/%40hpn8676w

吹奏楽部Facebookページ https://www.facebook.com/hayatomo.wo/

吹奏楽部Twitter https://twitter.com/hayatomo_wo

吹奏楽部Instagram https://www.instagram.com/hayatomo.wo/

2学年進路講話【進学指導部・就職指導部】

2021年02月09日

2学年の生徒も進路について具体化する時期となりました。今日は進学指導部長と就職指導部長の先生より、今後の活動についての講話がありました。本館2学年全体を2グループに分けての開催となりました。生徒は緊張感を持って聴いている様子でした。”自ら積極的に動く”ことが基本となります。頑張る生徒に対しては全力でサポートします。

DSC_0051.JPGDSC_0053.JPG

2学年進路講話【進学指導部・就職指導部】

2021年02月09日

2学年の生徒も進路について具体化する時期となりました。今日は進学指導部長と就職指導部長の先生より、今後の活動についての講話がありました。本館2学年全体を2グループに分けての開催となりました。生徒は緊張感を持って聴いている様子でした。”自ら積極的に動く”ことが基本となります。頑張る生徒に対しては全力でサポートします。

DSC_0049.JPGDSC_0054.JPG