MENU

職員室

第2学期終業式にて

2021年12月23日

おはようございます。今回、このように全校生徒で式を実施できることを、この上なく嬉しく思います。全校生徒が揃う形を知っているのは、3年生だけですね。

 思えば、第2学期のスタートは、コロナ第5波の真っただ中で、始業式は放送でした。今の状況からすると不思議な感じもします。ただ、新株などが出て、油断すると怖いのが、コロナウイルスです。「マスク、手洗い(消毒)、喚起」終息宣言などが出るまで感染防止を徹底して、やり続けましょう!以前の生活に戻ってほしいなら、ここが我慢のしどころです。

 本校では、これから3年生はとても大事な大学受験、資格試験や卒業式が控えています。1・2年生も、衛生看護科の病院実習をはじめ、修学旅行、新人大会、全校的には後輩を迎える本校の入試などあります。すべてがとても大切です。これらがすべて無事実施できるように皆で引き続き協力して、コロナ感染防止を頑張りましょう!特に、冬休み中は「十分考えて行動」をしてください。 

 さて今学期はいろいろありました。しっかり指導した生徒もいました。成長ための良いきっかけにしてください。その一方で表彰される生徒もいました。とても嬉しかったのは、地域の方からお褒めの言葉をいただいたことです。バスでお年寄りを助けてあげたり、街中で荷物をもってあげたりです。お礼のハガキもいただきました。コロナ禍にあって早鞆高生が街に明るい話題を提供するのはとても良いことです。早鞆生の評価もアップします。打算ということではなく、また、なんと言われようが、社会のためになることは、迷わずやってください。断られても、役立つと思ったら、お声かけ等してください。なぜなら、早鞆学園の建学の精神は、「世の中に役に立つ生徒を育てること」だからです。早鞆が最も教えたいことの一つなのです。世の中の役に立つこととは、1つのごみ拾いでも構いません。メジャーリーガ大谷選手も「運を拾う」といって迷わずごみ拾いを実行して、評価されています。早鞆高生も、積極的にやりましょう!

 今、ワクチン接種も進んでいます。治療薬も出てきています。今後もいくらか波はあるでしょうが、コロナ禍は間違いなく収まる方向に進むと信じましょう。 

 新しい年をプラス思考で迎えましょう!   

                                            12月22日 終業式での校長式辞より

2学年就職ガイダンス【就職指導部】

2021年12月16日

12月15日(水)に厚生労働省が新規学卒者の就職支援の一環として開催している就職ガイダンスを本校で行いました。講師は経営者でありセミナー講師も数多くされている磯野拓也先生で,自動車工学科と生活クリエイト科の2年生が受講しました。磯野先生は厚生労働省から委託されており,本校で過去のガイダンスに何度も来ていただきましたので,本校生徒の現状をよくご理解されています。

DSCF8030.JPGDSCF8021.JPG

DSCF8026.JPGDSCF8028.JPG

2年生にとって今回のような本格的なガイダンスは初めての経験でした。進路に対してはまだ悩んでいる生徒も多くいますが,どのような方向にも対応できるよう,早めに準備をして欲しいと思います。

参加生徒の感想文を紹介します。

田中 絢菜(生活クリエイト科)
就職、進学まで私たちが考えている以上に時間が無いんだと感じさせられました。先生や母に進路を聞かれる度に「まだ焦らなくても大丈夫だろう」と浅はかな気持ちでいました。でも、進路を決めるだけじゃなく、そこに向けての準備にも時間がかかると知ったので、今日からでも少しずつ行先を決めていきます。また、第一印象についても考え直そうと思いました。本番だけ取り繕っても意味が無い、周りが油断している時がアピールする最大のチャンスだと思ったので、今日聞いたことを少しでも武器にしていこうと思います。

西田 莉音(生活クリエイト科)
私は就職を考えているのですごく参考になりました。人として生きていく上での大切さや人との関わり方など就職以外のことについても沢山いろんなことを知ることができてよかったです。人と話す時は目を見る、下を向かない、寝ない、本当に基礎的なことも学べて自分自身見直して一から頑張っていこうと思いました。就職活動をする上でコミュニケーションはとても大切なんだなと思いました。私は将来の夢が決まってなければどこに就職したいかも決まっていません。これを機に早く自分のやりたいことを決め、就職したいところが決まるといいなと思いました。

雨の美化美化大作戦【総務部】

2021年12月12日

総務部では各学期ごと、美化委員と有志を募り、

しものせき美化美化大作戦に参加します。

4月年度当初に日程を計画するのですが、

これがなかなか天候に恵まれません・・・。

先週7日(火)1年生有志生徒が100名以上

集まりましたが、残念ながらまたまた雨で中止。

コロナ化で人数を制限したり、小雨+風で時間短縮だったり、

担当の関根先生も非常に困っておられます・・。

今回中止分は1月中に実施予定ですが、

天候に恵まれますように(笑)

                         

                           総務部 村上

 

就職内定者講話【就職指導部】

2021年12月09日

山口しごとセンターよりキャリアカウンセラーの山下宏美様にご来校いただき,『社会人の心構え~社会人になる前に知っておきたいこと~』というテーマで就職内定者に対して約1時間の講話を行っていただきました。全国的には高卒3年以内の離職率が約4割となっています。社会人として安定して過ごすためには,まずはよいスタートを切ることが大切です。そのために入社までにやっておいて欲しいことや社会人としての考え方を中心にお話をしていただきました。就職に関する行事は久しぶりでしたが,社会人の準備としての残った高校生活を有意義に過ごして欲しいと思います。

IMG_20211206_111841.jpgIMG_20211206_110558.jpg

参加した生徒の感想を紹介します。

内田 結愛(生活クリエイト科)
今回の講話で、挨拶の大切さそして自己管理の大切さを改めて知ることが出来ました。いま学校で挨拶をしているよりも、少し名前をつけて挨拶するだけでも印象が変わり、また先輩にも自分の名前を早く覚えてもらうことが出来ると思います。会社によっては挨拶の違いがありますが、会社のルールに従って先輩方と仕事が出来るように頑張りたいと思います。
そして自己管理の大切さです。私は、高校に入り遅刻や欠席がありませんでした。高校を卒業しても食生活や睡眠などの自己管理を大切にし、会社を休むことがないように頑張っていきたいと思います。

新屋 七音(普通科ビューティーコース)
講話を聞いて私が学んだことは、学校に通っている学生の間と同じで大人(社会人)になっても基礎(人として当たり前のこと)がとても大切なんだと感じました。周りと上手くやっていけるのかとか、自分が生きやすい楽しいと感じやすい職場にするのは自分だということが分かりました。
もしかしたら自分自身が苦手な先輩や大人の人が居るかもしれないけど、だからといって自分も嫌な態度をしたりあからさまな態度をしたりするのではなく、明るく仲良くしたい、共に頑張っていきたいという気持ちを挨拶や笑顔などで見せていくことができたらよいと思います。

IMG_20211206_111906.jpg

教務部から

2021年12月06日

皆さん、11月19日の部分月食は見られましたか?火の山の横から出てきた月がなんとも言えないいい雰囲気を出していましたね。滅多にない天体ショーを見ることも不思議がいっぱいで勉強になりませんか?

さて、期末考査も終わり、2学期ももうすぐ終了します。期末考査の結果で一喜一憂するのではなく、間違ったところやできなかったところの復習をするともっと力が付いてくるはずです。試験の後こそ学力を伸ばすチャンスタイムなのです。しっかりと自分と向き合えるといいですね。

これから受験や資格試験等を控えている3年生にとっては残りの時間は少ないです。時間を無駄にすることなく頑張ってほしいと願っています。

月食